第3328号「買い物箱はリサイクル用」持ち帰ったら、不用品を入れて♪

妻が大きなダンボールを抱えて帰ってきました。
妻「エコバック忘れたから・・・」
食料品を買いにスーパーに行った時、エコバックを忘れたため、店内に持ち帰り用に置いてある段ボールに入れてきたようです。5円程度でビニールの買い物袋は買えますが、そこは主婦ですね、無駄なお金は使いません。

さて、この時期になると進級、進学、就職など、生活環境が変わり、不要品がでてきます。そこで、その不要品をうまく回収し、リサイクルするアイデアを考えました。ポイントはスーパーです。

▼【 買い物箱はリサイクル用 】

スーパーの袋詰めするスペースにリサイクル業者が提供するダンボール箱を置いておきます。

このダンボール箱が置かれている棚には以下のように表示しておきます。
ーーーーーーーーーーーーーーーー
ご自宅に不要品がございましたら、お買い物品をこの箱に入れてお持ち帰りください。
★買い取らせていただきます!★
ご自宅で不要になった品物をこの箱に入れてお送りください。
ーーーーーーーーーーーーーーーー

段ボールには予め送り先住所が印刷されており、自分の住所を書いてコンビニから送るだけ。どの家庭にも不要品は結構眠っていますが、リサイクル店まで持っていくのが面倒だったり、送るにしても箱を用意するのが手間でなかなか利用しようという気が起こりません。

そのため、スーパーで持ち帰り用に箱を用意したら、普段利用しない客層まで手に渡り、買取件数が増えることが期待できます。

「今週は、洋服を通常の10%増しで買い取ります!」
「3月31日までCD・DVDを高価買取!」
などの買取キャンペーンも店内ででき、注目度も高まります。地元に店舗があるリサイクルショップなら、より安心感が増し、より利用者が増えるかもしれません。

★アイデアコンセプト★『 イベントに便乗して集客 』

最新情報をチェックしよう!
>”社長専属の企画参謀“で創業して20年

”社長専属の企画参謀“で創業して20年

そんな小島が提供するサービスは・・・社外企画部「 企画参謀 」法人契約・個人契約どちらも対応しております。経営者が社員に内緒で契約しているケースもあります。

CTR IMG