第3334号「『クレカ解約相談』で引く」解約なら、誰でも興味を持つ

会社が帰宅する時、最寄りの駅までの道のりで地下街を通ります。その地下街では、頻繁に「会員カード」の勧誘をしています。現在の「会員カード」にはクレジット機能が付いているカードが多く、気軽に作る気にはなれません。

しかし、スタッフが一生懸命に通行人に声を掛けている姿を見て、もし、こんなサービスがあったら話を聞いてみようと思いました。そのサービスとは・・・

▼【 「クレカ解約相談」で引く 】

「会員カード」の入会手続きをするテーブルの端に下記のコーナーを一角設けます。
ーーーーーーーーーーーーーーー
★クレジットカード解約相談★
ーーーーーーーーーーーーーーー

簡単に言うと、クレジットカードの解約の仕方を教えてくれる窓口です。とは言いつつ、解約の仕方は簡単で、カードの裏面に記載されている電話番号に電話をして、「カードを解約したい」と伝えるだけ。

しかし、
◎今までキッカケがなくずるずると持っていた人、
◎解約手続きが面倒だと思っていた人
から、
◎カードを作りすぎて困っている人
◎解約したいと思っている人
などが興味を持ってくれて、スタッフに話掛けてくれる可能性があります。

その際は、丁寧に対応し、解約の仕方から解約のリスク(短期間に発行と解約を繰り返すとクレジットカード会社に要注意人物をマークされるそうです)を伝えて、解約したカードを粉砕するなど適切に処分してくれます。その上で、新規に「入会特典」をお話したら、入会してくれるかもしれません。

正直、“禁じ手”かもしれませんが、利用者の立場から言うと新規で作るよりまずは整理したいニーズの方が高いと思います。そう、タンスの中を整理してから洋服を買うように、財布の中を整理してから新しくカードを作るのです。

★アイデアコンセプト★『 減らしてから足す 』

最新情報をチェックしよう!
>”社長専属の企画参謀“で創業して20年

”社長専属の企画参謀“で創業して20年

そんな小島が提供するサービスは・・・社外企画部「 企画参謀 」法人契約・個人契約どちらも対応しております。経営者が社員に内緒で契約しているケースもあります。

CTR IMG