第3378号「ビール券はランチタイムに♪」持ち帰って、オフィスで伝播!

仕事を終えて、最寄りの駅まで歩いていきます。すると、居酒屋の店員さんらしき人がチケットを手配りしています。「久しく居酒屋に行っていないなぁ」と思いつつ、この時間帯にチケットをもらってもすでに予定が決まっていることが多いです。

そこで、どうせ手配りするならこの時間帯はいかがでしょう。飲み助の“口実作り”に貢献します。

▼【 ビール券はランチタイムに♪ 】

タイトルの通り、ランチタイムを狙ってチケットを配布します。場所は、もちろんオフィス街。オフィス街のランチタイムは、ビジネスマンでごった返します。潜在的なお客さんがわんさかいるところで手配りした方が効率的ですよね。

チケットはケチらずに美味しそうな生ビールの写真を全面にカラー印刷します。理由は、眺めているだけで飲みたくなるから♪ランチタイムにチケットをもらったら、オフィスに持ち帰りますよね。

オフィスに持ち帰ったら、同僚や飲み友達にこう言います。
「おい、さっき、こんなチケットをもらったけど、今晩飲みに行きたいね!」

そう、一枚のチケットで勝手に宣伝して回ってくれます。もちろんチケットは複数人に特典(例:ビール1杯無料)が適用される仕組みになっており、誘えば誘うほどお得!さらに今晩「限定」にしたら、客「今晩行くしかないでしょう!」と盛り上がり、会社帰りは居酒屋へ直行!

美味しそうなビールの写真が載ったチケットをパソコンの前に貼って仕事をする光景が目に浮かびます。ランチタイムのオフィス街で配布するメリットはいかがでしょう?

昼から夜までの考える時間がよりジラし(焦らし)になり、飲みたい衝動が強くなります。結局、私も含めて飲み助は飲む口実が欲しいのです!ひょっとしたら、
「お帰りの際は、ご家族へのお土産用意しています」
というキャッチフレーズの方が効果的か!?

★アイデアコンセプト★『 ジラし戦法 』

最新情報をチェックしよう!
>”社長専属の企画参謀“で創業して20年

”社長専属の企画参謀“で創業して20年

そんな小島が提供するサービスは・・・社外企画部「 企画参謀 」法人契約・個人契約どちらも対応しております。経営者が社員に内緒で契約しているケースもあります。

CTR IMG