第3472号「スマホ付きカーライフ」クルマを買うとスマホが付いてくる!

バイト代をほとんどクルマにつぎ込んだ私の学生時代。今や生活に欠かせないスマホ代にバイト代が消えてゆく時代。スマホの登場で「クルマなんて買えない(持てない)」と聞きます。クルマの魅力うんぬんより、優先順位はスマホの方が高いので、仕方ありません。(無い袖は振れないのだから・・・)

そこで、大胆なサービスを考えてみました。業界を超えた連携で若者の心を掴む!

▼【 スマホ付きカーライフ 】

ーーーーーーーーーーーーーーー
クルマを買って保険に入ったら、最新スマホが20歳まで無料!
ーーーーーーーーーーーーーーー

こんなサービスはいかがでしょう。地方に住む者にとってクルマが必需品。だからと言って、スマホを諦めるわけにいきません。そこで、若者のお財布事情を考えて、「クルマにスマホが付いていくるプラン」を考えました。

18歳になるとスマホの学割プランがつかない人もいて、ずっしりとスマホ代が重くのしかかります。乗り換えるにはこのタイミングがベスト!

自動車メーカーと損害保険会社、そしてケータイ会社が業界を超えて連携し、このプランを提供します。自動車メーカーと損害保険会社にとっては、「若者の車離れ」に歯止めをかけ、ケータイ会社にとっては長期契約者を獲得します。

20歳を過ぎたらローン支払い期間中に適用できる新しいプランを再度提案し、「端末代無料」「データ定額代無料」「基本料金無料」など、できるだけ負担が増えないようにします。

子や孫は6つの財布があると言いますが、成人したら財布は本人の1つ。クルマに乗る若者が増えれば行動範囲が広がり、地域経済への波及効果も期待できます。

さまざまな法律が障害になると思いますが、政府が進める「特区」と同様に「年齢特区」を設けてはいかがでしょう。そういえば、選挙権は18歳からになりましたね。

★アイデアコンセプト★
『 大が小を兼ねる 』

最新情報をチェックしよう!
>”社長専属の企画参謀“で創業して20年

”社長専属の企画参謀“で創業して20年

そんな小島が提供するサービスは・・・社外企画部「 企画参謀 」法人契約・個人契約どちらも対応しております。経営者が社員に内緒で契約しているケースもあります。

CTR IMG