第3543号「お部屋探しのネゴ師」ご希望のお部屋、探します!

姪っ子が今年大学受験です。先週末、受験をしたそうですが、合格発表を待たずして一人暮らしをする部屋を決めてきたそうです。頭のいい姪っ子ですが、決断力もすごい!

さて、学生時代から独身時代、新婚時代まで賃貸アパートに住んでいました。何度もお部屋探し・引越しをした経験から、こんなサービスを思いつきました。ひょっとしたらタイミングよく引越しを希望する人に出会えるかも。

▼【 お部屋探しのネゴ師 】

お部屋探しで仲介業者の店舗へ出向きます。スタッフが「希望のお部屋」についてヒアリングします。希望の条件を聞いた後、条件に当てはまる部屋をパソコンで検索します。検索結果には、「空室」と「住居中」が一緒に表示されます。

最初は「空室」から客の要望に合う部屋を探しますが、見つかりません。そこで「住居中」の物件からも探します。・・・すると、見つかりました!まさに条件にぴったり!!客に聞いても「ぜひ!」と満足顔。

そこで、後日、住人へスタッフが連絡を取ります。
「引越しのご予定はございますか?」
「将来的にお部屋を替わりたいと考えていますか?」

「全くない」という回答であれば、その場でNG。
しかし、
「長い間住んでいますから、そろそろ替わりたいと考えていた」
「実は引越しの予定があります」
という回答があれば、交渉開始!

その部屋を借りたい人とも相談をして、
・引越し代金の一部負担
・仲介手数料を無料
・清掃代・粗大ゴミの処分代負担
など、住人へ提案し、了解を得れば交渉成立!

このような「交渉」してくれるサービスはいかがでしょう。もし、住人側が引越しの予定や部屋を替えたい希望があったら、利用者にとっても仲介業者にとってもメリットのあるサービスです。お部屋って住んでみないとわからないことが多いので、いざ住み始めても不満のある人、結構いると思いますよ。

★アイデアコンセプト★
『 交渉サービス 』

最新情報をチェックしよう!
>”社長専属の企画参謀“で創業して20年

”社長専属の企画参謀“で創業して20年

そんな小島が提供するサービスは・・・社外企画部「 企画参謀 」法人契約・個人契約どちらも対応しております。経営者が社員に内緒で契約しているケースもあります。

CTR IMG