第3,598号【消火専用特命ドローン 〜火元へダイレクトに消火剤を届ける〜】

最近、ソロキャンプ動画にハマっています。芸人のヒロシさんの動画が有名ですが、いろいろなユーチューバーがソロキャンプ動画を配信しています。特に好きなのが、ほとんど人が登場しない、黙々と火起こしから料理など作業をする動画。「俺もやりてー!」という衝動が抑えきれない私は、Amazonの「欲しいものリスト」に「キャンプ」項目を作り、せっせと“エアショッピング”を楽しんでいます。

さて、そんなユーチューバーたちの動画に感化され、今私に撮れる動画はないか、考えてみました。そうだ、週の半分以上はランニングしているので、ランニング動画どうか? しかし、普通に撮影したら観る方が酔ってしまうのでスタビライザーを使うか? いやいや、スタビライザーを持ってランニングはできません。

だったら、ドローンを従えて走るか! 数台のドローンを操り、渓流沿いの山道でも走ってみたいなぁ。。。ネタがすぐに尽きそうですが…。

さて、前置きが長くなったところで、今回のテーマは「ドローン」。高性能なドローンも安価になりました。そこで、こんなアイデアはいかがでしょう。

消防に関してはど素人ですが、火元に投げ込む消火剤がありますので、万が一、家が火事になったら、消火剤を積んだドローンが火元の中心にめがけて突入します。火事の状況に応じて2台目、3台目も突入していき、火事を中から消火します。

完全に消えなくても火の勢いを抑えることはできないだろうか。古い町並みで消防車が近寄れない場合には、特に活躍しそうです。もちろん突入したドローンは再利用できませんが、火事の被害を最小限に食い止めるためにはドローンのコストは安いものです。

もし、効果が実証されたら、火元の材質と延焼の状況からAIが瞬時に判断して、適切な消火剤を積んだドローンが必要な台数だけ突入することが近未来に実現するかもしれません。

◆◆◆儲けのヒント◆◆◆
『時と場合によっては使い捨て』

最新情報をチェックしよう!
>”社長専属の企画参謀“で創業して20年

”社長専属の企画参謀“で創業して20年

そんな小島が提供するサービスは・・・社外企画部「 企画参謀 」法人契約・個人契約どちらも対応しております。経営者が社員に内緒で契約しているケースもあります。

CTR IMG