No.25/100【第3,639号】《DIYホームポスト 〜作って使ってお得に買う〜》

小島の企画“生”ノート*2021年の妄想*
〜1年後の“きょう”を発想する〜

[発行:2020_05_18]

No.25/100【第3,639号】《DIYホームポスト 〜作って使ってお得に買う〜》

ネット通販で商品を買う、そして届く。一昨日も、昨日も、きょうも。。。

妻「明日はないでしょうね?」

と怒りを滲ませて、私に問う。とても答えられるわけがない・・・。

妻「もう、宅配ボックスを置かない?」
私「はい、置きましょう、置きましょう!」

ということで、ネットで「宅配ボックス」を探し始める。ここまでは実話。

さて、ここで考えたアイデアをご紹介。宅配ボックスを流行りのDIYで作ろうというイベント考案。

主催:ホームセンター
協賛:ショッピングモール、郵政省、国土交通省
参加費:10,000円(仮)材料費込み
製作物:家庭用の郵便ポスト&宅配ボックス

このイベントを週末ホームセンターで開催する。宅配ボックスとポストは金属製のため組み上がっているが、自立式にするのか置き型にするのか、色は何色に塗るのかなど、外観は木材を使って作り上げる。

工具はホームセンターで借り、半日で完成。自作した郵便ポスト&宅配ボックスを自宅に設置したら終了!

このイベントの特徴は、
(1)郵便ポスト&宅配ボックスを作る楽しみ
(2)自分で作った郵便ポスト&宅配ボックスを設置する喜び

に加え、参加費10,000円の中に協賛のショッピングモールのポイント3000円分が含まれており、

(3)ポイントでショッピングができるお得感が付いてくる
(4)注文したら届く待ち遠しさがあり、
(5)予定通り宅配ボックスで荷物が受け取れた感動がある

1回で何度も楽しみが味わえるイベント。

人手不足で「再配達」が社会問題となり、さらに新型コロナウイルスの自粛中は、在宅中でも宅配業者から荷物を手渡しで受け取らずにやり取りすることもあった。そのため、宅配ボックスがあれば便利だ。一家に一台の時代になりつつある。

注文が頻繁すぎて後ろめたい人こそ、ぜひ宅配ボックスの設置を!

◆◆◆発想の起点◆◆◆
『作ったら試せる楽しみ』

小島:答え合わせは1年後

最新情報をチェックしよう!
>”社長専属の企画参謀“で創業して20年

”社長専属の企画参謀“で創業して20年

そんな小島が提供するサービスは・・・社外企画部「 企画参謀 」法人契約・個人契約どちらも対応しております。経営者が社員に内緒で契約しているケースもあります。

CTR IMG