No.35/100【第3,649号】《ペーパーランチョンマット・タワー 〜機械が決めた方がいいこともある〜》

小島の企画“生”ノート*2021年の妄想*
〜1年後の“きょう”を発想する〜

[発行:2020_05_22]

No.35/100【第3,649号】《ペーパーランチョンマット・タワー 〜機械が決めた方がいいこともある〜》

イートインコーナーに「ペーパーランチョンマット・タワー」を設置する。
「ペーパーランチョンマット」とは、その名の通り紙製のランチョンマットで、「タワー」とは、この「紙製のランチョンマット」を収納しているラックのこと。

イートインコーナーに「ペーパーランチョンマット」を備える理由は、不特定多数のお客さんが使うため、気になる方が自分でテーブルに引いて使うため。使い終わったら、畳んでゴミ箱へ。テーブルやカウンターが汚れにくく、店員さんが清掃・除菌する負担は軽減。

また、食事や暇つぶしにイートインコーナーを利用する人が多いため、「ペーパーランチョンマット」にバリエーションがあったら楽しくなる。

<ペーパーランチョンマットの種類>
(1)コンビニのキャンペーン商品のPRバージョン
(2)スポンサー企業のPRバージョン
(3)暇つぶしに迷路やクイズバージョン
(4)川柳や俳句の応募バージョン
(5)空き巣や引ったくり犯罪の多発を呼びかける啓蒙バージョン

バリーションを設けて店内に設置したら、お客さんも興味津々! テレビ局の番組改編時期に番組PR用の「ペーパーランチョンマット」は新しい宣伝方法になる。テレビを観ない世代へアプローチするには面白いツール。

新作の小説・漫画の連載バージョン(例:隔週更新)が登場したら、ペーパーランチョンマットからヒット作が出るかも。

◆◆◆発想の起点◆◆◆
『清潔感を保つ仕組みづくり』

小島:答え合わせは1年後

最新情報をチェックしよう!
>”社長専属の企画参謀“で創業して20年

”社長専属の企画参謀“で創業して20年

そんな小島が提供するサービスは・・・社外企画部「 企画参謀 」法人契約・個人契約どちらも対応しております。経営者が社員に内緒で契約しているケースもあります。

CTR IMG