No.64/100【第3,678号】《 売り場の華【華麗なる逸品】シリーズ 〜 その一品(逸品)だけで食卓が華やかになる! 〜》

小島の企画“生”ノート*2021年の妄想*
〜1年後の“きょう”を発想する〜

[発行:2020_06_02]

No.64/100【第3,678号】《 売り場の華【華麗なる逸品】シリーズ 〜 その一品(逸品)だけで食卓が華やかになる! 〜》

我慢しすぎると心身に良くない。時には適度な“ガス抜き”は必要。そこで、身近なストレス解消である「買い物」と「食べる」で考えてみた。

<売り場の華【華麗なる逸品】シリーズ>

コンセプトは、
——————————————–
きょうの食卓に、この一品さえあれば『贅沢したなぁ~♪』と満足できる一品を自信をもってご提案する。
——————————————–

(1)商品は、【野菜】【肉】【魚】から【漬物】や【豆腐】、【お米】など
(2)各売り場に一品のみ、「華麗なる逸品」をご紹介
(3)紹介の仕方も各売り場に専用テーブルを設け、スポットライトを当てて目立たせる
(4)販売の仕方は「きょうの食卓に一品」なので一食分を小分け売り(大人一人一食分が目安)お米は「一合」小袋販売。(※通常の分量なら高単価でも小分けにしたら安くなり、購入意欲も高まる)
(5)小分けした「華麗なる逸品」にはそのこだわり具合をPOPに書き、POPも商品に付けるせっかく贅沢をするならその“自覚”は大切。そのPOPが食卓に明るい会話をもたらす。

毎日生活のための買い物では楽しくない。「きょうは何かな?」という期待感をもって来店できる。販売数は、もちろん限定販売。売り手はその期待を裏切らないように厳選する。

買うときの優越感、自宅で調理するときのワクワク感、食卓に並べる幸福感。ただ安値を狙って買うだけが買い物ではありませんよ、と売る側が教えてくれる売り場を作ってほしい。

一消費者として、商品パッケージやブランド名に頼りすぎている小売業者が多くないか。

◆◆◆発想の起点◆◆◆
『“ガス抜き”消費を提案』

小島:答え合わせは1年後

最新情報をチェックしよう!
>”社長専属の企画参謀“で創業して20年

”社長専属の企画参謀“で創業して20年

そんな小島が提供するサービスは・・・社外企画部「 企画参謀 」法人契約・個人契約どちらも対応しております。経営者が社員に内緒で契約しているケースもあります。

CTR IMG