No.83/100【第3,697号】 《 動画つまみ食いmixer 〜YouTubeがますます楽しくなる!〜》

「iPadを使ってもっと効率的な仕事がしたい」
「アクションカメラのどれがいいのか、知りたい」
「アプリの基本的な使い方が知りたい」
「Podcastを使って配信したい」

などなど、知りたいことは全部YouTubeに聞いている。Yahoo!やGoogleで検索するより、まずYouTubeで検索して動画を探す。知りたいことに関連する動画を2〜3本見たら、おおよそ知りたい情報が得られる。

本当にYouTubeにはさまざまな情報の動画がアーカイブされており、初心者向けからプロ向けの情報まであるから、動画だけでステップアップすることだってできる。

しかし、動画は当たり前だけど、一目ではわからない。必要のない箇所の映像も見なければいけない場合もあり、時間がかかることも事実。

そこで、必要な箇所だけつまみ食いできるサービスがYouTubeにあったら最高だ。

《 動画つまみ食いmixer 〜YouTubeがますます楽しくなる!〜》

イメージとして、特定のテーマに沿って情報を収集・編集した「まとめサイト」に似ているサービス。対象がサイトから動画になっただけ。

例えば、「バズるビジネス系Podcastの作り方」というテーマの場合、
・Aさんの動画の<06:10〜08:45>
・Bさんの動画の<02:35〜04:25>
・Cさんの動画の<11:10〜14:00>
の3本の動画の3つのカット(部分)が参考になると思ったら、これらの3つのカットのまとめサイト「動画つまみ食いmixer」を作成する。

<「動画つまみ食いmixer」の作成の仕方>
(1)動画を指定する
(2)必要な時間帯の始まりと終わりを秒単位で指定する
(3)切り出した動画の見て欲しい順番を指定する
(4)トリミングした動画を個別で見せるか、つなぎ合わせて連続でみるか指定する
これで完了。

YouTube内でこのような「まとめサイト」の動画が作成できるとユーザーはとても便利。必要のない動画(カット)を見ることなく、ダイレクトにその動画をみることができる。もちろん、その動画が再生されている時は、その動画の作成者のアイコンが画面に表示される。

そのため、このサービスはユーザーだけでなく、作成者にとっても閲覧されるチャンスになり、チャンネル登録者数が増える可能性もある。

学術論文は、他の論文に引用された数(被引用回数)でも評価の指標になるため、このサービスができたら現在の視聴回数や視聴時間に加え、「被引用回数(つまみ食い)」も登場する可能性がある。

また、YouTuberという仕事が市民権を得たように動画のつまみ食いを得意とするmixerも注目される時代がくるかも?

★儲ける脳トレ★
WEBサイトがページ単位で検索できるのと同じで、動画も関連するカットごとにまとめられると便利ですよね。そこで、現在のYouTubeをより便利にするためにあなたならどのようなサービスアイデアが考えられますか? 

最新情報をチェックしよう!
>”社長専属の企画参謀“で創業して20年

”社長専属の企画参謀“で創業して20年

そんな小島が提供するサービスは・・・社外企画部「 企画参謀 」法人契約・個人契約どちらも対応しております。経営者が社員に内緒で契約しているケースもあります。

CTR IMG