第2938号「集客効果抜群!?『タッチ&バイ』コーナー」「○○で人気ナンバーワン商品」というだけで気になる!

雨の週末、子供の野球が中止になったので、朝、ゆっくりと新聞の折り込みチラシを見ているとホームセンターのチラシがありました。ホームセンターのチラシは季節感があり、バラエティに富んでいるので、欲しいものがなくても、楽しく見れます。

そんなチラシの中に、テレビショッピングで話題の“あの健康器具”が載っていました。テレビショッピングの商品は、ホームセンターに相性がいいのでしょうか?よく見かけます。

そこで、高齢者の利用者も多いホームセンターこそ、こんなコーナーはいかがでしょう。高齢者だって、ネットの話題は気になるところ?

▼【 集客効果抜群!?「タッチ&バイ」コーナー 】

「タッチ&バイ」コーナーとは、その名の通り、「触れる」「買える」特設売り場のこと。触ってみたい衝動にかられる商品といえば、繰り返しテレビで見るあの商品!そう、テレビショッピングのあの健康器具!!

そこで、折込チラシでこんな紹介をします。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今週の「タッチ&バイ」コーナーは?テレビショッピングで話題沸騰の健康器具!店頭に5台設置いたしましたので、どうぞご自由にお試しください。

さらに、今週のショッピングサイト御三家の「楽天市場でナンバーワン商品」「Amazonでナンバーワン商品」「Yahoo!ショッピングでナンバーワン商品」も同時に展示しております。今週のテーマは、「生活便利グッズ」です。

どうぞ、ご来店してお楽しみください。もちろん、数量限定ですが、その場で購入することもできます♪
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

どうです?行ってみたくなりませんか!普段からネットで買い物をしている私でも興味津々です。(仕事柄、世に中の流行りは抑えておきたい情報でもあります)今では実物を見なくても高額商品を買うこともありますが、いつも行くホームセンターで見れて触れるなら、私も行ってみたいです。

また、このコーナーはネットと高齢者をつなぐ役割もあります。ホームセンターが「ネット情報の窓口」になる。ネットで話題の商品を集めたり、触れたり、買えたりできる。あるいは、ネット商品をホームセンターが代行して購入してくれる。日常生活のど真ん中で商売をしているホームセンターこそ、ネットをリアルの場に引っ張り出すには最適の場です。

ホームセンターにとっても「売り場が賑わうコンテンツ」として、企画には困らないと思います。(他人任せになりますが・・・)疎外感を払拭すると仲間意識が高まります。

★アイデアコンセプト★『 仲間意識 』

最新情報をチェックしよう!
>”社長専属の企画参謀“で創業して20年

”社長専属の企画参謀“で創業して20年

そんな小島が提供するサービスは・・・社外企画部「 企画参謀 」法人契約・個人契約どちらも対応しております。経営者が社員に内緒で契約しているケースもあります。

CTR IMG