第3529号「投げ銭式ドローンフライト」降雪の翌朝、日の出をバックに山並みの撮影!?

さ、寒い。。。ひ、冷える。。。名古屋でも雪が降り、屋上のエアコンの室外機が凍り、オフィスの中も真冬並み・・・。しかし、雪が降った翌日が晴れると景色がキレイですよね。(雪国の方、のんきなことを言ってすみません)こんな時こそ、ドローンで空撮したら素敵な映像が撮れそう♪

そこで、ドローンを飛ばすためのこんな仕組みはいかがでしょう。

▼【 投げ銭式ドローンフライト 】

専用サイトには、ドローンが空撮できる場所が一覧で表示されます。

<空撮可>●●山の山頂周辺撮影
<空撮可>■■渓流の川登り撮影
<空撮可>△△遺跡の上空撮影
<空撮可>◯◯盆地の雲海の空撮影

サイトにアクセスしたユーザーは、自分が観たい場所を選び、「投げ銭」します。

※「投げ銭」は自分が買ったポイントのこと。
例:100円1ポイント

ユーザーが観たいと思った場所には投げ銭が貯まり、一定以上(飛行・撮影経費)貯まれば撮影が開始されます。投げ銭をしたユーザーには生中継された映像が観れるほか、SNSで投稿できる権利が得られ、映像は自由に使えます。

雪が降った翌日だったり、雲海が出た早朝だったり、紅葉が一番キレイな日だったり、さまざまなベストタイミングの瞬間に投げ銭(スポンサー)を募り、撮影いたします。

この投げ銭で発生したスポンサー料は業者の経費や利益になるだけでなく、自然環境の保全や遺跡の修繕・管理費などにも活かされます。

城跡だったり、参拝者の少ない神社仏閣でも改修費用がなく、困っている地域もあります。その資金を稼ぐためにもこんな仕組みはいかがでしょう。空撮であれば、撮影対象を傷つけることもありません。

★アイデアコンセプト★
『 広く浅く 』

最新情報をチェックしよう!
>”社長専属の企画参謀“で創業して20年

”社長専属の企画参謀“で創業して20年

そんな小島が提供するサービスは・・・社外企画部「 企画参謀 」法人契約・個人契約どちらも対応しております。経営者が社員に内緒で契約しているケースもあります。

CTR IMG