第3530号「スクロール・ポジション・ナンバー」ネット手続きの時、聞きやすい

ネット広告を利用した時のこと。出稿の手続きがかなり複雑で“おじさん(私)”は悪戦苦闘。出てくる言語は日本語とは思えないワードばかり。。。結局諦めて電話しました・・・。その時、お互い画面見ながらの操作でしたが、意外に意思疎通が難しいとわかりました。そこで、シンプルに画面にこんな表示を付けてはどうでしょう。誰でもわかります。

▼【 スクロール・ポジション・ナンバー 】

単純に画面左側に目盛りを表示します。
1ページ目は「1」2ページ目は「2」として、段落ごとに「A」「B」とし、段落内の行数は1、2、3・・・とします。つまり、2ページ目の上から4段目の3行目なら、「2Bー3」と表示します。

この「2Bー3」が「スクロール・ポジション・ナンバー」。「スクロール・ポジション・ナンバー」は、画面に付いた「ユーザーアシスト」をクリックすると画面左側に表示されます。

ネットの場合、聞き慣れない専門用語やカタカナ言葉が多く、オペレーターの方に言われても「その言葉がわからんて!」と思う時が多々あります。(余談ですが、未だにヘッダーとフッダーがどちらが上でどちらが下か迷います)そのため、極めて単純にアルファベットと数字を組み合わせて、位置情報を表現してはいかがでしょう。

保険のテレビCMでも盛んに「ネット手続きなら1万円お得」と言っているのを聞いたら、頑張ってネットで手続きしてみようと考えます。シャレたデザインのホームページに目盛りなんて格好悪いかもしれませんが、ネットの手続きはかなりハードルは高いです。こちらの言っていることが伝わらないとイライラ度がさらに増します。

★アイデアコンセプト★
『 共通言語 』

最新情報をチェックしよう!
>”社長専属の企画参謀“で創業して20年

”社長専属の企画参謀“で創業して20年

そんな小島が提供するサービスは・・・社外企画部「 企画参謀 」法人契約・個人契約どちらも対応しております。経営者が社員に内緒で契約しているケースもあります。

CTR IMG