第3531号「演出系「合格発表」アプリ」ネットで合格発表でも嬉しさ倍増!

先月、次男が英検を受験しました。合格発表の当日、毎度のことながら英検のサイトが繋がりにくく時間を置きながらパソコンやスマホで何度もアクセスしていました。

すると妻のスマホで不意にアクセスできてしまい、「あっ、合格してるよ」とつい口走ってしましった!それを聞いた次男が、「何で俺が見る前に言うんだ!」
と激怒。せっかく合格したのに後味の悪い発表日でした。。。

さて、資格や大学の合格発表もネットを活用する時代ですから、もっと演出があっていいのでは?次のページを見るドキドキ感は一生の思い出です。

▼【 演出系「合格発表」アプリ 】

ネットでの合格発表を演出します。例えば、スマホで合格発表を見る時。指定のボタンをタッチすると、画面いっぱいにカウントダウンが始まります。

ーーーーーーーーーーーーーー
5、4、3、2、1・・・
あなたは、合格しました!
ーーーーーーーーーーーーーー

これくらいの演出があってもいいのでは?もちろん、ノーマルな「発表」を望む人もいますので、選択制にします。

(1)デラックス合格発表!
(2)ノーマル合格発表!

(1)が演出系で、(2)が通常タイプです。きっと自信がある人は(1)を選ぶでしょうね♪万が一、(1)で不合格の場合でも励まし系の動画が流れ、前向きにさせてくれます。たとえ失敗したとしても再度挑戦することが大事ですからね! アフターケアは重要です。努力してきた受験生へ敬意を示す意味でも合格発表の仕方を工夫してはいかがでしょう。

・・・余談ですが、大学や高校の合格通知が自宅に届いた時、封筒の厚みで開封する前にわかってしまうというのも残酷な気はします。。。

★アイデアコンセプト★
『 敬意の演出 』

最新情報をチェックしよう!
>”社長専属の企画参謀“で創業して20年

”社長専属の企画参謀“で創業して20年

そんな小島が提供するサービスは・・・社外企画部「 企画参謀 」法人契約・個人契約どちらも対応しております。経営者が社員に内緒で契約しているケースもあります。

CTR IMG