No.15/100【第3,629号】《文通便 〜優しい安否確認〜》

小島の企画“生”ノート*2021年の妄想*
〜1年後の“きょう”を発想する〜

[発行:2020_05_15]

No.15/100【第3,629号】《文通便 〜優しい安否確認〜》

自宅から少し離れたところに両親が住んでいる。ともに70代で父は80歳手前。父は今も週2、3回は登山を楽しむほど元気で、母も10年以上朝のウォーキングは欠かさない。しかし、元気な人ほど体調を崩した時に一気に老化が進むという。だから努めて電話して“安否確認”している。

今の時代ならメールやネットで両親の様子を知ることは簡単だが、知る方は安心感があるが見られる方はどうなんだろう? 子としても監視的な見守りは望まない。そのため、緊急性を必要としない場合はこんな「見守りサービス」はいかがでしょう。安価で心がこもって親孝行にもなりそう。

<文通便>
郵便局が新しいサービスで「文通便」を作ります。その名の通り、「文通」専用のサービスで専用封筒に市販ノートを入れて「交換日記」を楽しむサービス。
専用封筒:レターパックのような厚紙の封筒で中には大学ノート1冊が入るサイズと厚み(1cm)
郵送料:一回の郵送料は100円(仮)

封筒の宛名面は2つに区切られており、それぞれ住所を書く欄があります。また、切手を貼るスペースもそれぞれあります。
ーーーーーーーーーーーー
A様
〒000ー0000
住所

・・・・・・・・・・・・
切手

ーーーーーーーーーーーー
B様
〒000ー0000
住所

・・・・・・・・・・・・
切手

ーーーーーーーーーーーー

<「文通便」の送り方 A→B>
(1)AさんがBさんに送る時は、Aさんの宛名の下に100円切手を貼ります
(2)郵便ポストに投函します
(3)郵便局が切手に消印を押してBさんへ届けます

Aさんが書いた「日記(手紙)」をBさんが読んで同じノートに返事を書きます。書き終わると同じ封筒に入れます。

<「文通便」の送り方 B→A>
(1)BさんがAさんに送る時は、Bさんの宛名の下に100円切手を貼ります
(2)郵便ポストに投函します
(3)郵便局が切手に消印を押してAさんへ届けます

これで往復できます。封筒は再利用できるタイプで10回程度往復できる強度。片道1週間で2週間で往復するのもいいし、1ヶ月で往復するのもいい。デジタルの時代だからこそ、手書きの文章は心に沁みます。ノートには子供の写真を貼ったり、健康情報の記事や料理レシピを挟んだり。「交換日記」は後で見返す時、特にいいですよね。

また、封筒に貼る切手も記念切手や季節の切手を使ったら、より思い出が残ります。封筒も毎年変わるといいですね。

「文通便」は親子間だけでなく、友人間、恩師と卒業生なども楽しめそう。きっと「文通便」を送ったら、翌日からポストを見るのが楽しみになりそう。このゆるいドキドキ感は癖になりそう。

◆◆◆発想の起点◆◆◆
『郵便のゆるさを活かす』

小島:答え合わせは1年後

最新情報をチェックしよう!
>”社長専属の企画参謀“で創業して20年

”社長専属の企画参謀“で創業して20年

そんな小島が提供するサービスは・・・社外企画部「 企画参謀 」法人契約・個人契約どちらも対応しております。経営者が社員に内緒で契約しているケースもあります。

CTR IMG