No.27/100【第3,641号】《食品ベストパック工房 〜飲食店街に一つほしい工房〜》

小島の企画“生”ノート*2021年の妄想*
〜1年後の“きょう”を発想する〜

[発行:2020_05_19]

No.27/100【第3,641号】《食品ベストパック工房 〜飲食店街に一つほしい工房〜》

店内で食事ができない時、飲食店にできるビジネスは?

(1)弁当の店頭販売・持ち帰り
(2)出前
(3)食材・食品の通販

(1)と(2)は多くの飲食店が新型コロナウイルスの時、対応できた。しかし、(3)については簡単にはできない。

食品包装には紙、プラスチック、金属、ガラスなど多種多様あり、包装資材や衛生管理の知識のほか、味を損なわず保存するノウハウが必要。個人事業主が多い飲食店には簡単に参入できない。

そこで、飲食店の第3の副業を支援する工房を新規ビジネスで立ち上げてはどうだろう? それが<食品ベストパック工房>

<食品ベストパック工房の利用方法>
(1)飲食店がパッケージ商品として売り出したい食材を工房に持ち込む
(2)工房のスタッフと相談し、店側の売り方を考慮して包装の仕方と包装資材を決定する
(3)店側は包装に適した調理方法の指導を受ける
(4)後日、店で調理した料理を工房へ持ち込む
(5)工房側は指定したパッケージをして商品化する

出店場所は飲食店街かその周辺。飲食店が直に料理を持ち込める距離にあると便利。さらに通販事業がない店舗は工房が代わりにネットショップで販売してくれる。完成品だけでなく、オリジナル調味料や香辛料も販売できる。

大手の牛丼店やカレー店がレトルトパックを販売するように個人店でも“飛び道具”として通販事業を持っていたら、店内での食事ができない事態でも弁当、出前と合わせれば売上90%減は避けられる。

店舗運営をしながら複数の事業を展開するのは個人店では正直大変だが、数量限定でも赤字でなければ継続しノウハウを積んでおくと万が一の時に役立つ。

◆◆◆発想の起点◆◆◆
『最悪を想定して』

小島:答え合わせは1年後

最新情報をチェックしよう!
>”社長専属の企画参謀“で創業して20年

”社長専属の企画参謀“で創業して20年

そんな小島が提供するサービスは・・・社外企画部「 企画参謀 」法人契約・個人契約どちらも対応しております。経営者が社員に内緒で契約しているケースもあります。

CTR IMG