電動キックスケーターで稼ぐ!!|第3,743号 小島の企画“生”ノート

▼前説|規制緩和で時速15km以下なら免許不要で走行可!

警察庁がこのような指針を示したことはご存知でしょうか? 

時速15km以下ということは自転車並の速度で、今後電動キックスターターが車、バイク、自転車に次ぐ移動手段として普及する可能性があります。

手軽に乗れて、持ち運びもできます。電動で走り、1回の充電で10km程度走ります。

そんな日本の市場に期待して、アメリカの大手電動キックスケーターシェアリングが本格進出してくる報道がありました。

個人的にも自宅と最寄り駅の通勤に使ってみたいですね。(現在はレトロなカブで通勤中♪)

しかし、事故も心配。

そこで、電動キックスターターをこんな仕様にしてはいかがでしょう?

かなり無謀運転を抑制する効果が期待できます。また、稼ぐ手段としてもありかも!?

▼企画内容|電動キックスケーターで稼ぐ!

電動キックスケーターを以下の仕様を標準にします。
(1)全車ドライブレコーダー装備
(2)GPSで盗難防止
(3)マイナカードの携帯を必須

万が一、事故した時、(1)(2)が作動していなかった場合は追加違反および追加罰金制度を設けて本体の整備を促します。交通違反の罰金はマイカカードの情報から請求します。

本体にドライブレコーダーがあるだけで無謀運転の抑止に期待しています。

また、速度は15km以下でも馬力のある機種を販売して荷台を引いて配送にも使えたらどうでしょう。

ラストワンマイルの担い手になる可能性が高く、飲食店のデリバリーのほか、荷物の配送にも使えます。

通販の利用者が増えたことで住宅街でも配送トラックが頻繁に行き来します。(事故だけでなく騒音が気になるのは私だけだろうか)

せめて住宅街は低速で静かな電動キックスケーターがありがたいです。

稼ぐ手段として認知されれば普及に拍車がかかり、価格が安くなるだけでなくドライブレコーダーを積んだ電動キックスケーターが増えるので、自動車の無謀運転の更なる抑止に期待したいです。

最新情報をチェックしよう!
>”社長専属の企画参謀“で創業して20年

”社長専属の企画参謀“で創業して20年

そんな小島が提供するサービスは・・・社外企画部「 企画参謀 」法人契約・個人契約どちらも対応しております。経営者が社員に内緒で契約しているケースもあります。

CTR IMG