第3264号「レジッテ」人は動くものについ目が行ってしまう

「ポイントカードはございますか?」
1日に何回聞くセリフでしょうか。正直、うんざりします。お店側の言い分はあると思いますが、無視するのも悪いし、「ありません」と言ったり、首を横に振ったり。
そこで、こんなグッズを考えてみました。きっとお客はつい目が行ってしまうことでしょう♪

▼【 レジッテ 】

例えば、コンビニで。お会計をする店員さんがレジの前に立つと、ある手袋をします。この手袋が「レジッテ」。店員「お会計は、345円です」と言うとお客さんはお金を差し出します。その時、店員さんは手のひらを広げてお金を受け取りますが、この時がポイント!

手のひらには、
ーーーーーーーーーーーーーー
ポイントカードはございますか?
<ポイントカード(イラスト)>
ーーーーーーーーーーーーーー
とプリントされています。これだったらお客は必ず目に入りますよね!

しかも、お釣りを渡す際は、反対側の手のひらに、
ーーーーーーーーーーーーーー
お買い上げありがとうございます
ーーーーーーーーーーーーーー
とプリントしておきます。

ね、ユニークでしょ!手袋をするメリットは他にもあります。

(1)ポイントカードの提出をさりげなく促せるだけでなく、
(2)お買い上げ商品を素手でベタベタ触らないので衛生的です
(3)インパクトが大きいので広告スペースとして活用できる。

いかがでしょう?イラストやキャラクターが手のひらで踊っていたら、よりインパクトの大きいキャンペーンや販促ができそうです。手の動きでいろいろ面白いことができそうです。

冬のこの時期は、インフルエンザやノロウイルスなど、衛生面を気にする方も多い。レジをする際、アルコール消毒をする店もありますが、忙しい時はできない時もあります。そんな時、手袋なら簡単ですよね、一目でわかります。手のひらに3Dアートがプリントしてあったら・・・、ユニークよりクレームになる?

★アイデアコンセプト★『 動きに注目する 』

最新情報をチェックしよう!
>”社長専属の企画参謀“で創業して20年

”社長専属の企画参謀“で創業して20年

そんな小島が提供するサービスは・・・社外企画部「 企画参謀 」法人契約・個人契約どちらも対応しております。経営者が社員に内緒で契約しているケースもあります。

CTR IMG