第3410号「ご注文バランスシート」食べ放題の偏り防止策

先日、妻のご両親が焼肉に誘ってくれました。育ち盛りの息子が二人もいるので、大変助かります!食べ放題の焼肉店でしたが、「そんなに食べて、大丈夫?」というくらい息子たちは食べました。

きょうは、そんな息子たちの食べっぷりを見ながら、思いついたアイデアです。お店にとっては、注文が偏らない方がいいのでは?

▼【 ご注文バランスシート 】

(バイキング・ビュッフェ方式は除き)一般的にはお客がメニュー表を見ながら欲しいものを口頭で言って店員が端末で打ち込み、注文が完了するパターンが一般的です。そこで、「ご注文バランスシート」を使ってみます。

この「ご注文バランスシート」は、注文できるメニューの一覧表で、メニュー名の横に記入欄のマスがあり、ここに欲しい数だけ記入します。

「ご注文バランスシート」にお客が書き込んだ後、それを見て店員が端末に打ち込むため、聞き間違いがなくなり、注文処理もスムーズにできます。(端末に入力後に記入欄には『済』スタンプを押します)複数人で食べに行っている時は注文のメモがわりに使ったり、注文数をまとめる時に便利です。

しかし、「ご注文バランスシート」の威力は他にもあります。注文した品と数が一覧で見えるため、お客自身が注文の偏りがわかるだけでなく、注文していないジャンルもわかります。

これにより
「鳥系もたべてみようか?」
「まだご飯物もたべてないよ」
「最後にデザートも頼もうね」
とお客が勝手にバランスよく注文してくれる可能性があります。いろいろ食べて満足してくれたらより気に入ってもらえて、リピーターになってくれる可能性もあります。

また、「ご注文バランスシート」がお客の手元に残るため、まだ来ていない注文品もわかるため、注文のダブりも防げます。お店の企画として、全ジャンル制覇(注文し、完食したら)したら、ビンゴ賞として次回使える割引券を進呈する企画もできます。

お客の中には仕切るのが好きな人は必ずいますから、こういう用紙を一枚用意しておくだけで、店員さんも助かると思います。

★アイデアコンセプト★『 履歴 』

最新情報をチェックしよう!
>”社長専属の企画参謀“で創業して20年

”社長専属の企画参謀“で創業して20年

そんな小島が提供するサービスは・・・社外企画部「 企画参謀 」法人契約・個人契約どちらも対応しております。経営者が社員に内緒で契約しているケースもあります。

CTR IMG