No.20/100【第3,634号】《調味料は小袋の時代? 〜衛生的で適量、ヘルシーの三拍子〜》

小島の企画“生”ノート*2021年の妄想*
〜1年後の“きょう”を発想する〜

[発行:2020_05_17]

No.20/100【第3,634号】《調味料は小袋の時代? 〜衛生的で適量、ヘルシーの三拍子〜》

休業要請を一部解除した大阪府の串カツ屋で「ソースの2度漬け禁止」の容器から新スタイルの「個別ソースのボトル」になったとテレビで報道。公衆衛生への意識が高い日本ですが、今後さらに意識が高まると予想。

そこで、テーブルに置かれているソースについて一考。飲食店のテーブルに並ぶソースや醤油などの調味料は、お弁当に付いてくる「透明小袋」に変わるのではないか。もし、飲食店の調味料が「透明小袋」がスタンダードになったら・・・

<透明小袋の調味料のメリット>
(1)多くの人が容器に触る行為がなくなり衛生的
(2)店員が頻繁に拭き取り(除菌)をしなくて済み省力化
(3)メニューにより「ソース2袋が適量」などおすすめの味わい方が提案でき、ソースの節約にも
(4)さまざまな味の小袋ソースが用意でき、バリーションが楽しめる
(5)密閉のため酸化による味の劣化が軽減される
といろいろ考えらる。

そのため、今後、透明小袋に入れる機械が小型化され、価格も安くなったら一店舗に一台普及する可能性もある。もし、一店舗に一台普及したら、お店のオリジナルソースの「透明小袋」が開発できる。

<オリジナル透明小袋の楽しみ方>
(1)飲食店の多くがオリジナルの調味料を使っているので、独自の「透明小袋」調味料が生まれ、小売もできそう。昼食にお弁当を持参する人も多いので、「とんかつは冷凍食品でもソースだけはプレミアム!」と楽しみ方も増える。
(2)ライバル店同士で「ソーストレード」はどうでしょう? テーブルに「当店のソース」と「●●店のソース」を並べて置き、味比べをする。あるいは、お客の要望で通常ではあり得ない調味料を置いて、味変を楽しんでもらう。「透明小袋」だからできる楽しみ方。
(3)店内に「本日のガチャソース」を置く。ガチャガチャの個々の透明ケースに様々なソースを入れておき、出てきたソースで「きょうのとんかつは食べる」という“過酷な”サービス。挑戦者にはソースと一緒に「アンケート用紙」が入っており、そのアンケートに答えると裏面の「50円値引き」サービスが受けられる。アンケートは今後のメニュー開発に活用。

変えないところと変えていいところを見極め、変えていいところは柔軟に変えていく方が予測不可能な時代には生き残っていけるでしょう。

◆◆◆発想の起点◆◆◆
『公衆衛生への意識の変化』

小島:答え合わせは1年後

最新情報をチェックしよう!
>”社長専属の企画参謀“で創業して20年

”社長専属の企画参謀“で創業して20年

そんな小島が提供するサービスは・・・社外企画部「 企画参謀 」法人契約・個人契約どちらも対応しております。経営者が社員に内緒で契約しているケースもあります。

CTR IMG