No.24/100【第3,638号】《蓋つきビュッフェプレート 〜料理はそのままで出し方を工夫〜》

小島の企画“生”ノート*2021年の妄想*
〜1年後の“きょう”を発想する〜

[発行:2020_05_18]

No.24/100【第3,638号】《蓋つきビュッフェプレート 〜料理はそのままで出し方を工夫〜》

気の合う仲間と、ワイワイ騒ぎながら、暴飲暴食が許されるお店、それが大好きな居酒屋だった(私個人の勝手なイメージ)。そんな居酒屋が苦境に立たされている。そこで企画マンの端くれとして、何かいいアイデアはないか考えてみた。

ビュッフェプレート9品皿
1回のご注文:800円

料理は従来通りで提供の仕方だけ変えてみる。

(1)お客は、最初に「ビュッフェプレート」のサイズを指定する。※注文ごとにサイズは変更可
ビュフェプレートの種類と価格
3品皿:300円
6品皿:600円
9品皿:800円
12品皿:1000円

(2)メニュー表を見ながら好きな料理を「選んだ品数分(皿)」を店員に伝える
(3)注文終わり

すると、指定のビュッフェプレートで店員が料理を持ってきてくれる。しかも、そのビュッフェプレートにはアクリルの蓋が付いている。駅弁のように手前から開けると約80度のところで止まる優れもの。

そう、この蓋は正面に座った同席者の息や唾を防御してくれる

もちろん、相手の料理も「蓋つきビュッフェプレート」だからお互い様。しかし、この料理の提供には他にもメリットがある。

<蓋つきビュッフェプレートのメリット>
(1)同席者の息や唾がを防御できる
(2)小分けの料理なので、女性でも品数多く楽しめる
(3)店員が注文を聞きにくる回数が減らせる
(4)お皿の片付けが楽で人手が減らせる
(5)調理場から蓋をかぶせて持ってくるので清潔

「そんな小出し料理では満足できん!」という客は、がっつり食べたい料理は「唐揚げ×3マスでお願いします」と言えば、通常の3倍で持ってきてくれる。また、「激辛3品」「刺身3品盛り」「3種の牛肉焼き」など、マスを上手に使えばメニューの構成にバリエーションができる。

「お客様、この料理の組み合わせは『本日のビンゴ!』でございます」

と9品皿(12品皿)を注文した特典として、予め指定した料理3品がタテ、ヨコ、ナナメのいずれかで揃えばビンゴで「ドリンク1杯無料(仮)」という楽しみ方もできる。

がんばれ、居酒屋!

◆◆◆発想の起点◆◆◆
『楽しみ方』

小島:答え合わせは1年後

最新情報をチェックしよう!
>”社長専属の企画参謀“で創業して20年

”社長専属の企画参謀“で創業して20年

そんな小島が提供するサービスは・・・社外企画部「 企画参謀 」法人契約・個人契約どちらも対応しております。経営者が社員に内緒で契約しているケースもあります。

CTR IMG