No.39/100【第3,653号】《 ユーポン 〜 本当に来て欲しい客は値引きでは来ない 〜》

小島の企画“生”ノート*2021年の妄想*
〜1年後の“きょう”を発想する〜

[発行:2020_05_23]

No.39/100【第3,653号】《 ユーポン 〜 本当に来て欲しい客は値引きでは来ない 〜》

ーーーーーーーー
「クーポン使うか使わないかは一緒に行った人との関係性によるな」
「付き合い始めの彼女を連れて、クーポンを出すのってちょっと抵抗ない?ケチくさいヤツだと思われそうで・・・」
ーーーーーーーー

クーポン券についての書き込みの一部。ネット記事は記事ネタより書き込みの方が面白くて、納得感がある。書き込みがヒントで、こんなアイデアが浮かぶ。単に割り引くだけなら、自ら魅力がないと言っているのと同じ。

『ユーポン』
ユーポンとは、ユニーク・クーポンの略。割り引くよりもユニークさが売りのクーポン券のこと。

●例えば、初デートの時・・・

男「このユーポンをみせると、メニューにないシェフおすすめのスウィーツが出て来るんだよ」
女「へぇ~、すごいね! メニューのスウィーツはどれも美味しそうだけど、メニューにないってワクワクすね」

そう、ユーポンを出すと隠しメニューが食べられる。ちょっとした特別感が味わえる。割引は単に利益を削るだけだが、商品やサービスなら割引率も低く、お店のよさを伝えるPRにもなる。

●女性同士の場合でも・・・

A「ねぇ、このユーポンみせると、話がはずむポテトがでてくるんだって。どんなポテトかな?」
B「え~、ほんと! 面白い形をしているだけじゃない?」(どんなポテトかご想像にお任せします…コジマ)

ユーポンの大切なことは、お店がお客に対してどんなパフォーマンスができるか。
「当店でより楽しい時間を過ごしていただくためのサービスクーポン」がユーポンの真髄。

商売はどれだけお客のことを考えて知恵を出しているかが大切。いつの時代も商売はファンづくり。お客とのいい関係づくりのために店主が知恵をしぼり、お客がいつ来てもわくわくするようなサービス(ユーポン)を提供する。シーン別のクーポンを発行すると、自動的にお客の来店目的もわかる。

一度離れた客を呼び戻すのは本当に大変。だからと言って、値引き合戦になっては価格に左右される客を呼ぶだけ。ここは、一度真剣に「当店はどんなお客様に来店してほしいか」を考えるチャンスでもある。

◆◆◆発想の起点◆◆◆
『来店動機を多彩に』

小島:答え合わせは1年後

最新情報をチェックしよう!
>”社長専属の企画参謀“で創業して20年

”社長専属の企画参謀“で創業して20年

そんな小島が提供するサービスは・・・社外企画部「 企画参謀 」法人契約・個人契約どちらも対応しております。経営者が社員に内緒で契約しているケースもあります。

CTR IMG