第3335号「イートイン“限定”販売!」1時間以内にイートインで食べるなら販売します?

急速に普及が進んだコンビニのイートイン。弊社があるオフィス街のコンビニでもほとんどがイートインスペースがあります。100円コーヒーを飲むだけでなく、お弁当を食べている人も見かけますので、これでは飲食店も脅威でしょうね。さて、きょうは「イートイン」をテーマにアイデアを考えてみました。「食品廃棄削減」の秘策になりませんでしょうか?

▼【 イートイン“限定”販売! 】

コンビニの陳列棚の一角にこんなコーナーを設けます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
★店内イートインでお食事なら特別割引で販売いたします★

(1)おにぎり・・・30円引き
(2)お弁当・・・100円引き
(3)サラダ・・・50円引き
※ペットボトル(お茶など)とセットなら、さらに10円引き
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
割引対象の商品は、消費期限が迫ったおにぎりやお弁当、サラダ。

消費期限が迫った商品をすべてこの陳列棚に置いて販売いたします。お会計の際は、商品に「店内でお召し上がりください」シールを貼り、イートインでお食事していただくよう促します。午後2時頃、多忙で昼食が取れなかったビジネスマンがコンビニへ行き、「イートイン“限定”販売!」の棚にあるお弁当を発見!

中途半端な時間にオフィスで食事をすることもできないし、安く買えるなら、願ったり叶ったりのサービス。普段買わないサラダも置いてあったら、つい買ってしまいます。食品廃棄も社会問題化しており、お店の取り組みとして好感持てます。この販売方法ならギリギリまで店頭に並べて販売できますよね。

逆に消費期限が短い鮮度が売りの商品を開発して、商品そのものを「店内食限定」にしても面白いと思います。

★アイデアコンセプト★『 限定が「欲しい」を生む 』

最新情報をチェックしよう!
>”社長専属の企画参謀“で創業して20年

”社長専属の企画参謀“で創業して20年

そんな小島が提供するサービスは・・・社外企画部「 企画参謀 」法人契約・個人契約どちらも対応しております。経営者が社員に内緒で契約しているケースもあります。

CTR IMG