第3457号「空き家マネージャー(管理人)」期間限定で住む大学生がベター

私が住む地域はそれほど田舎でもないものの、近所に空き家が増えてきました。ガス販売をしている方に話を聞くと「世間で言われている以上に空き家が増えている」とか。

そこで、こんな仕組みを考えてみました。貸すことに躊躇している人も期間限定とわかっていたら、貸しやすくなりませんか?放置することが家屋にとっても社会的にもよくないです。

▼【 空き家マネージャー(管理人) 】

空き家の住人(管理人)を大学生・専門学生にしてもらいます。もちろん住みながら。大学生・専門学生が住むメリットは「期間限定」であること。大学・専門学校の在学期間する間だけ住むことになりますので、売却したくなった時、トラブルになりません。また、在学期間中(居住中)でも買い手が見つかれば、退去していただく条件をつけておきます。

空き家のまま放置しておくと湿気などで家屋が痛み、水回りも痛みが速くなります。そのため、住みながら管理する方がベスト。

その代わりに
(1)賃貸料は相場より安くする
(2)次の空き家を紹介する

しかし、心配なのが家をきれいに使ってくれるかどうか。そこは、空き家の見学希望者が現れた時、管理人か住人が立会いのもと、家の中を見学できるようにしたらきれいに使いますよね。もともと賃貸アパートでもきれいに使わないといけないため、当たり前のことではありますが。

親からの仕送り額が減っている現状からして、家賃は安いに越したことはありません。シェアハウスにして、いろいろな専攻分野の学生が一緒に住んだら、とてもいい出会いと経験ができそう!ひょっとしたら、住みごごちがよく地域に馴染んでそこで就職して定住になったら、ベストですね。放置することが家屋にも社会的(地域)にも一番よくないです。

★アイデアコンセプト★
『 社会資源の活用 』

最新情報をチェックしよう!
>”社長専属の企画参謀“で創業して20年

”社長専属の企画参謀“で創業して20年

そんな小島が提供するサービスは・・・社外企画部「 企画参謀 」法人契約・個人契約どちらも対応しております。経営者が社員に内緒で契約しているケースもあります。

CTR IMG