第3519号「新聞で毎日元気!」公金を使ってもいいサービス

一人暮らしの高齢者が自宅で亡くなっている報道がここ最近続きました。報道にないだけで全国的にみると珍しいニュースではないかもしれません。自治体もいろいろな対策をとっていると思いますが、急な体調不良の場合、日々のコミュニケーションが大事。

そこで、既存のこのサービスを活用して、お年寄りを見守ってはいかがでしょう。

▼【 新聞で毎日元気! 】

ーーーーーーーーーーーーー
一人暮らしの高齢者(例:70歳以上)宅は、新聞が無料で購読できる。
ーーーーーーーーーーーーー

朝配達した新聞が夕方になってもポストに残っている場合、指定の連絡先(例:家族や友人)へ新聞配達員から連絡します。このような「見守りサービス」を善意で行っている新聞配達業者がいます。とても素晴らしいこと。

毎日配達される新聞ですから、これほど継続性と確実性の高い見守りはありません。しかも監視されている不快感もありません。そのため、一定の基準を満たした高齢者宅には、公金を使って新聞を購読してもらってはいかがでしょう。

公金を使うことに賛否両論あると思いますが、
(1)地域密着の地方新聞社・配達業者の支援
(2)自治体が住民情報の把握できる
(3)高齢者を狙った犯罪・事故情報を折込チラシと一緒に提供できる
(4)新聞・チラシを読むことで脳活
など、メリットもあります。

高齢者宅への配達は、元気な高齢者が担うサービスも可能です。一般家庭のように早朝配達でなくてもいいですから。どこかの自治体が試験的に取り組み、「孤独死ゼロ」が実現できたら、きっと全国的にも広がるでしょう。

毎日新聞を読むことでアクティブになり、医療費が下がれば、国として取り組む価値があります。

★アイデアコンセプト★
『 付かず離れず 』

最新情報をチェックしよう!
>”社長専属の企画参謀“で創業して20年

”社長専属の企画参謀“で創業して20年

そんな小島が提供するサービスは・・・社外企画部「 企画参謀 」法人契約・個人契約どちらも対応しております。経営者が社員に内緒で契約しているケースもあります。

CTR IMG