No.48/100【第3,662号】《 焼きたてデリバリー 〜 食のリアルタイムサービス 〜》

小島の企画“生”ノート*2021年の妄想*
〜1年後の“きょう”を発想する〜

[発行:2020_05_26]

No.48/100【第3,662号】《 焼きたてデリバリー 〜 食のリアルタイムサービス 〜》

朝10時ごろ、会社の休憩室に見慣れない物が置いてあった。近くにいた女性社員に、

男性社員「これ、何?」

女性社員「あっ、これですか、これは美味しいパンが焼けるんですよ♪」

男性社員「パンが焼けるの!」

女性社員「そう、実はホームベーカリーですよ。見たことないんですか?」

男性社員「へぇ〜、誰かがもってきたの?」

女性社員「違いますよ。これは、このホームベーカリーごと、宅配してくれるサービスです。前日に予約すると翌日の朝、届けてくれるんです。パンの生地や小麦の種類などを指定できるんですよ」

男性社員「それはすごいね! お昼になると焼きあがるんだ!」

女性社員「そうです。ホクホクのパンが、お昼に会社で食べれるなんて、とっても幸せですよね。本当の焼きたてパンって、一度食べると病み付きになるんですよね〜」

男性社員「生地も選べるって、すごいね!」

女性社員「トッピングでレーズンを入れたり、小豆も入れたりできます。でも、数人分をまとめてお願いするから、みんなの好き嫌いもありますけど」

男性社員「食べ終わったら、これはどうなるの?」

女性社員「午後に回収に来てくれます」

焼きたてパンの醍醐味が味わえる『焼きたてデリバリー』

お弁当の配達はお昼前後に集中するが、これはホームベーカリーの予約機能が使えるので、配達時間に幅が持たせれる。

<焼きたてデリバリー>
(1)前日、注文したい仲間と相談して、生地やトッピングを決め予約する
(2)パン屋で生地をホームベーカリーに入れて配達
(3)配達先に着いたらホームベーカリーのコンセントを差し込み、タイマーを注文者の指定時間(例:12時15分)にセット
(4)12時15分になったらホームベーカリーから焼きたてパンを取り出し、一緒に持ってきたパン切り包丁で切り、仲間と食べる
(5)午後2時頃、デリバリー業者がホームベーカリーを回収

パン屋はお店が開けなくても、お客が来店してこなくても販売が可能。

実はこのシステムは、炊飯器を使ったご飯もできるし、同じホームベーカリーでお餅もできる。

◆◆◆発想の起点◆◆◆
『通常のデリバリーは時間が集中すると限界がある』

小島:答え合わせは1年後

最新情報をチェックしよう!
>”社長専属の企画参謀“で創業して20年

”社長専属の企画参謀“で創業して20年

そんな小島が提供するサービスは・・・社外企画部「 企画参謀 」法人契約・個人契約どちらも対応しております。経営者が社員に内緒で契約しているケースもあります。

CTR IMG