第3340号「贈当券」手軽な“ギフト券”としてオフィス内で流通?

きょうのランチはどこで食べましたか?ラーメン、定食? それともコンビニ弁当ですか?コンビニの弁当も美味しくなりましたが、やっぱり作りたてのお弁当はうまいですよね!

そこで、こんなサービスを考えてみました。こんな券があると、オフィス内で流通しそう♪

▼【 贈当券 】

作りたてのお弁当を販売するお弁当屋さんが「ギフト券」を作ります。その「ギフト券」のバリエーションは以下になります。
(1)定番の「のり弁当」×3食分(チケット3枚)
(2)期間限定「旬のお弁当」1食分(チケット1枚)
(3)超贅沢「デラックスステーキ弁当」1食分(チケット1枚)

(1)の場合、自分用に3枚購入したとします。3枚綴りで買うと割引されてお得感がありますが、例えば、オフィス内で同僚に難しい仕事をお願いした時に、「悪いなぁ、『のり弁』おごるからさぁ」と言って、のり弁当のチケットを一枚渡します。

(2)の場合は、給料が入った直後のお金がある時に買っておき、金欠になった時、チケットを使い「旬のお弁当」を堪能します。

(3)の場合は、お世話になっている先輩(上司)にお誕生日のプレゼントとして、仲間内でお金を出し合って、「お誕生日おめでとうございます!ささやかですが、私たちからのプレゼントです」と言って渡します。

物や高価なプレゼントではないため渡しやすく、受け取った本人もすぐ使えてプチ贅沢が味わえます。(間柄は重要ですが・・・)

もちろん、使い方はすべて自由ですが、毎日食べるお弁当や数百円から贈れるギフト券があれば、いろいろな使い方ができ、楽しいですよね。ゲームの景品にも使えます。何かあれば、「じゃ、『旬のお弁当』一枚でどうだ?」と仲間内の交渉にも使えます。

コンビニ弁当に押されがちの「作りたて弁当屋さん」もこんなサービスを作って、販促してはいかがでしょう。やっぱり出来立てはうまいです!

★アイデアコンセプト★『 流通しやすさ 』

最新情報をチェックしよう!
>”社長専属の企画参謀“で創業して20年

”社長専属の企画参謀“で創業して20年

そんな小島が提供するサービスは・・・社外企画部「 企画参謀 」法人契約・個人契約どちらも対応しております。経営者が社員に内緒で契約しているケースもあります。

CTR IMG